FC2ブログ

エロゲー的CG講座

エロゲーグラフィッカーによるPhotoShop、SAIでのCG講座。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Step3 肌を塗る

Step2で塗った仮影を参考にしつつ、いよいよ「落ち影」と「形状による影」を鉛筆ツールとぼかしツールで塗っていきます。(Photoshopの場合はブラシツールと消しゴムツールを使います。)

ここで塗りにまつわる、二つのルールを説明します。
違う塗り方でやっているメーカーさんもあるにはあるのですが、ここでは一般的な方法としてこれらのルールに従って塗っていきます。

【ルール1】「1レイヤー1色しか使わない」
理由は、一つのレイヤーに複数の色が置いてあったら、個別に色調整がしにくくなってしまうからです。
色の場所が離れていたとしてもいちいち選択範囲を作るのは面倒ですし、色の範囲が混ざっていたらそれさえ不可能です。
パーツ毎の「ベース」「落ち影」「1影」「2影」「ハイライト」といった各レイヤーは、「色の塗りつぶし」によって統一されたり、「色相・彩度」で調整されたりします。
チームで作品を作っている場合は色の統一が前提ですし、細かい色管理がCGの質を決める大きな要因になります。

【ルール2】「各パーツの影は、該当パーツのベース(下塗り)レイヤーのクリッピングレイヤーに塗る」
理由は、クリッピング化して塗ると、下塗り範囲(ベース)内にしか影色が適用されないので、はみ出しの心配がなくなるからです。さらにそのレイヤーが何に対する影なのか整理され、他人が見た時にわかりやすくなります。

これらのルールは、複数人の手でファイルが修正される事を前提としています。時として簡略化されたりはしますが、共同作業は「相手への思いやり」を心がけましょう。

※付記
パーツや差分ごとにレイヤーセットにまとめたり、各レイヤー、レイヤーセットに名前を丁寧につけておく事も、他人がファイルを見たり修正する時の事を考えるとすごく重要です。
レイヤーセットの中にレイヤーセットを入れて入れ子状態にする事もよくあります。わかりやすくまとめてしまいましょう。

では、Step1で色分けした各箇所の下塗り(ベース色)レイヤーの上に、影用のレイヤーを新規作成してクリッピング化していきましょう。

SAIでのクリッピングレイヤーの作り方
影用のレイヤーをクリックして選択し、レイヤーパレット上の「下のレイヤーでクリッピング」チェックボックスをチェックしてクリッピング化します。
Photoshopでのクリッピングレイヤーの作り方
影用のレイヤーを、該当レイヤー上で「右クリック→クリッピングマスクを作成」をクリックしてクリッピング化します。

落ち影
落ち影を塗った状態です。

落ち影+1影
1影を加えた状態です。色は落ち影と同じ色を使っています。

美少女ゲーム系のCGにおいては、一般的に形状による影(陰)には「1影」と「2影」があります。ルール1で説明したようにそれぞれ1色ずつしか使いません。
1影とはベース(下塗り)にかかる一段階目の影でして、2影とは、影の中のさらに濃い影を指します。

2影
少し明度を下げた濃い色で2影を加えた状態です。ぐっと立体感が強まりますが、やりすぎに注意。

この時、2影の箇所をたくさん作りすぎたり、面積を取り過ぎたり、色を濃くし過ぎたりしないように注意してください。
ムラのように見えたりして、全体としてキツめに見えたり、ごつい印象になり、可愛らしさがダウンしてしまう事があります。

また、胸やふとももなど柔らかい箇所は、柔らかく見えるようにぼかし範囲を広めに取ります。
ヒザにもぼかしを入れていますが、本来なら膝は明るく突き出したところであり現実とは異なるのですが、全体像を見て少しヒザに色があったほうが映えると考えて塗っています。

脚
脚を2影まで塗った状態です。

ヒザは後でハイライトを入れる予定があるので、この部分はとりあえずこれでフィニッシュとしておきます。
肌彩色
肌彩色完成状態です。

次のステップでは服を塗っていきます。

プロフィール

SherbetSoft

Author:SherbetSoft
SherbetSoftのCG彩色講座です。
商業美少女ゲーム(エロゲ)でも一般的に用いられている彩色方法を紹介します。

最近の記事

バナーエリア

Twitter。ご質問・ご要望はこちらからどうぞ。


おすすめ


デッサンの説明だけでなく、イラストとして見た場合に有効な考え方が付け加えられていて実践的です。

この講座で取り上げている美少女ゲーム作品です。ロープライスで初めての方にもお求めやすくなっております。

現場で使用しているタブレットです。

学生のうちに購入しておくと安いです。必要な機能は揃っています。

IPS液晶で視野角が広く、色も綺麗に出ています。色がちゃんと出るモニタの中では安い方で、お薦めできます。

メモリは8GB欲しいです。他のスペックは低くてもいいのですが…。それにメモリは安いです。お使いのPCとメモリ仕様が合っているか、空きスロットがあるか確認をお忘れなく。

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。